こんにちは!
大分県由布市や玖珠郡九重町を中心にリフォーム工事・注文住宅の新築工事などを行っている有限会社矢野技建です。
私たちは地域に密着する工務店であり、これまで創業から40年以上、地域のご依頼に関わってきました。
店舗のリフォームにおいて、物件の種類によって異なる施工方法があることをご存じでしょうか。
本記事では「居抜き物件」と「スケルトン物件」それぞれのリフォーム方法について詳しく解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

居抜き物件

居抜き物件
居抜き物件とは、前の店舗の内装などを残した状態で販売されている物件のことを指します。
例えば飲食店の居抜き物件の場合、調理器具やカウンター、座席などが残された状態となっており、美容院の場合はシャンプー台が残された状態になっています。
物件によってどの程度の設備が残っているのか、設備を無償で譲ってもらえるのかは大きく異なりますが、同業種の店舗を開業する場合、新築物件よりも安い費用で利用できるケースが多いです。
店舗内装リフォームにかかるコストと時間を抑えたい場合には、居抜き物件も選択肢の一つとして考えてみるのもいいでしょう。
居抜き物件の場合、既存で使える部分を残してそれ以外の箇所をリフォームしていくことが多いです。

スケルトン物件

スケルトン物件は内装や設備が全て取り去られた物件のことを指します。
具体的には、コンクリート打ちっぱなしの建物躯体の状態で売られているのがスケルトン物件となります。
こちらの場合、内装の自由度が高く、店舗のイメージに合わせて内装のレイアウトやインテリアの配置などを決められるメリットがあります。
新築物件を購入する場合、住宅の建築から任せる必要があるため大幅な費用がかかってしまうでしょう。
しかし、スケルトン物件の場合はすでに建物はある状態なので、内装工事だけでよく費用を抑えられるメリットがあります。

店舗リフォームのお悩みは弊社まで!

計画
弊社では、店舗のリフォーム工事をお受けしています。
これまで数々のリフォームを手掛けてきた実績がございますので、安心してお任せいただけますと幸いです。
信頼できる業者をお探しであれば弊社にお任せください。
大分県由布市・玖珠郡玖珠町・玖珠郡九重町などの地域からのご依頼・お問い合わせを心よりお待ちしております。
最後までご覧いただきありがとうございました。


大分県玖珠郡九重町『有限会社矢野技建』|リフォーム工事・新築工事
有限会社矢野技建
〒879-4722 大分県玖珠郡九重町大字引治413-1
TEL:090-4987-5354    FAX:0973-78-9638